花園懸け10月20日開幕 全国高校ラグビー県大会

©株式会社長崎新聞社

 第98回全国高校ラグビー大会(12月27日開幕・花園ラグビー場)の出場権を懸けた長崎県大会の組み合わせ抽選会が25日、長崎市内で行われ、出場18チーム(21校)の対戦相手が決まった。10月20日~11月23日の期間中の6日間、大村市の長崎県営放虎原ラグビー場などで熱戦を繰り広げる。

 花園切符争いは、今季三つの主要県大会で決勝対戦した長崎北陽台と長崎南山を軸にした展開が予想される。いずれも頂点を譲らなかった長崎北陽台が一歩リードか。

 長崎北陽台は5月のサニックスワールドユース交流大会で県勢過去最高の8位に入った。その後も組織力を磨き、攻め手の多いチームに成長している。昨年、4大会ぶりにV奪回を果たした長崎南山は厚い選手層が強み。夏の県外遠征などで試合経験を重ね、さらに総合力を上げてきた。

 3大会とも4強に入り、パワーのある選手を擁する長崎北、伝統のFWからリズムをつくる諫早農も有力。それぞれ準々決勝まで進んだ大村工、海星、大村城南、島原工なども上位をうかがう。

 1、2回戦は25分ハーフ、準々決勝以降は30分ハーフで実施。決勝は11月23日午後2時5分から、長崎市総合運動公園かきどまり陸上競技場で行われる。

第98回全国高校ラグビー長崎県大会トーナメント表