貴乃花『引退』に「何で兄貴ヅラ?」花田虎上の「見守りたい」とは…

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

貴乃花光司 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

9月25日に貴乃花親方が記者会見を開き、日本相撲協会に「引退届」を提出したことを明かした。これを受け、26日朝のワイドショーはこぞって貴乃花親方の特集を組んだ。このうち、『スッキリ』(日本テレビ系)では同局の電話取材に答える形で兄・花田虎上氏(元横綱若乃花)がコメントしたが、その内容をめぐりネット上で批判コメントが殺到している。

『スッキリ』のインタビューに対し、花田氏は「騒動の中でこういう結論が出るのかなと予測していた。頑固は頑固(な弟)なので、弟子がそういうことをされた暴力事件では折れないものがある。弟子を愛しているから(こその引退)」と語った。

 

「自分の心配をしたら?」花田虎上のコメントに疑問

花田氏はTBSの取材に対しても「柔軟な人間になっていけたらもう少し変わっていくんでないかと思うが、またそこが貴乃花の魅力ではある。難しいところ」と語り、『あさチャン!』『ビビット』でそのインタビューの様子が流れた。25日夜までにNHKの取材にも答え、「これからどうなるのか兄としては心配している」とコメントしている。

さらに25日に更新したブログでは、各メディアからの取材が同日午後から続いていることを明かしつつ

《貴乃花親方が退職と聞いてこのタイミングには驚きました。私の推測となりますが、本来だったら協会に受理されてから発表するはずが、協会が受理する前に発表したのは受け取りを拒否されないよう、更に会見まで段取りを整えたのではないかと思います。(中略)もう少し状況を見守りたいと思います》

と状況を静観する構えを見せていた。

だが、結果として花田氏は各種メディアに出ずっぱりの状態。貴乃花親方の引退について分析するコメントを各メディアに対して出していた。これにツイッターでは

《絶縁不仲の兄貴が、何でいきなり兄貴ヅラしてんの?知った風な口利くなよ》
《「兄として」というが、若乃花は絶縁したはずでは》
《「これからどうするのかな」というが、若乃花は自分の心配をするべき》

など言われたい放題だった。

絶縁状態にはあるものの、弟を心配する気持ちは変わらないのだろう。