訪日客向け、バスに路線番号導入

目的地探しが便利に、国交省指針

©一般社団法人共同通信社

 国土交通省は、2020年の東京五輪・パラリンピックに向け訪日外国人にもバスを利用しやすくするため、数字やローマ字を組み合わせた路線番号の全国的な普及に乗り出す。日本語が分からなくても目的地に行けるようにし、利用者増加や観光振興につなげる。事業者向けの指針を作成、近く公表する。

 バス路線は訪日客以外の利用者からも「分かりにくい」との指摘が出ていた。

 指針案によると、路線番号は、3桁以内の数字、もしくはアルファベットと数字の組み合わせ4桁以内を原則とする。一つの交通圏や生活圏で重複しないよう、事業者間で調整。車両の行き先表示や停留所、路線図で使用する。