沖縄県営住宅に女性の殺害遺体

南城市、80代住人か

 沖縄県警は26日、同県南城市佐敷の県営住宅一室で25日に女性の遺体が見つかったと明らかにした。司法解剖の結果、頭部に骨折のほか、複数の傷が確認され、死因は脳損壊だった。県警は80代の住人とみて身元確認を進めるとともに、殺人事件として捜査を始めた。

 県警によると、この部屋の住人は1人暮らし。25日午後6時半ごろ、新聞がたまっているのを不審に思った知人女性が遺体を見つけ119番した。玄関は施錠されていなかった。

 数日前に死亡したとみられ、腐敗が進んでいた。県警は周辺の防犯カメラに不審な人物が写っていなかったか調べている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る