火星の無人探査車が久々の消息

砂嵐で通信途絶、NASA

NASAが無人探査車オポチュニティーを捉えたとして発表した画像。矢印の先に白い点として写っているという(NASA提供)

 米航空宇宙局(NASA)は26日、火星表面で大規模な砂嵐に巻き込まれ、約3カ月前に通信が途絶えた無人探査車オポチュニティーの姿を、上空を飛ぶ別の探査機が捉えたと発表した。まだ通信は回復しておらず、探査を再開できるかどうかは不明だ。

 火星の上空約250キロから高解像度カメラで撮影した画像には、大きな谷の斜面に小さな点として写っているという。

 火星では5月末から大きな砂嵐が起きた。オポチュニティーは6月、ソーラーパネルでの発電ができなくなり、休眠状態に追い込まれた。

 2004年から火星表面で活動し、45キロを走破した「長寿探査車」だ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS