台風24号、北上続ける

29日に沖縄や奄美へ

©一般社団法人共同通信社

台風24号の予想進路(27日9時現在)

 大型で非常に強い台風24号は27日、沖縄の南の海上を北寄りに進んだ。29日ごろには沖縄や奄美にかなり近づき、進路を北東に変えるとみられる。その後は30日ごろに九州へ接近し、日本列島を縦断する可能性がある。気象庁は、暴風や高波、大雨による土砂災害や河川の氾濫などに警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、28日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄で35メートル(50メートル)。海上もうねりを伴った大しけになるとみられ、波の高さは沖縄で11メートルの見込み。沖縄を中心に28日から雨が強くなり、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る恐れがある。