厚真など11市町に災害義援金3015万円

道災害義援金募集委が第1次配分額発表

©株式会社室蘭民報社

 北海道災害義援金募集委員会(事務局・北海道)は26日、胆振東部地震の災害義援金・第1次配分額を発表した。苫小牧市や厚真町など11市町に3015万円を贈る。

 配分基準は死亡者30万円、重傷者15万円、住家全壊10万円。胆振管内は苫小牧市に150万円、厚真町に1520万円、安平町に460万円、むかわ町に460万円が配分される。

 21日までに寄せられた義援金は1億187万1998円。第2次配分は11月を予定しており、被害状況や義援金の取りまとめ状況を見ながら、配分基準の増額や半壊・一部損壊への拡充を検討する。 (有田太一郎)

The Muroran Minpo Co. Ltd.