北陸新幹線のレール陸揚げ

23年福井・敦賀延伸、金沢港に

©一般社団法人共同通信社

金沢港で陸揚げされる、石川県内の北陸新幹線に敷設されるレール=27日午後、金沢市

 北陸新幹線が2023年春に金沢から敦賀(福井県)まで延伸される工事に伴い、石川県内に敷設されるレールの陸揚げ作業が27日、金沢港で始まった。

 作業員らが同日午前から、岸壁に設置したクレーンで貨物船から長さ25メートルのレール400本を次々と陸揚げした。今後、数回に分けて、さらに約6900本が運び込まれ、石川県内のレール敷設工事は来年度中に始まる見通し。

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構によると、福井県内に敷設されるレール約1万3400本は来年の夏ごろ、同県敦賀市の敦賀港で陸揚げを開始する予定。

 同機構は2022年春までに、工事の完了を目指すとしている。