グランプリに清塘さん 熊日新聞コンクール

©株式会社熊本日日新聞社

「2018熊日新聞コンクール 親子新聞の部」でグランプリに選ばれた熊本市立出水南小の清塘麻央さんの「ワクワク漫画新聞」

 小中学生と家族でニュースや話題を編集した「2018熊日新聞コンクール 親子新聞の部」の審査が27日、熊本市中央区の熊日本社であった。グランプリに同市立出水南小6年の清塘麻央さんの「ワクワク漫画新聞」を選んだ。

 熊日主催、ダイケン協賛。手書き部門に41校357点、パソコン部門に5校9点の計42校366点の応募があった。

 1次審査を突破した247点について、熊本大教育学部の藤瀬泰司准教授、NIEネットワーク熊本の半藤英明代表、グラフィックデザイナーの松永壮さん、熊日の津山裕二読者・NIEセンター長が審査した。

 清塘さんの作品は「取材が充実している」「漫画の価値を、さまざまな角度から取り上げた」「細部まで手を抜いておらず、見やすいデザイン」などと高く評価された。

 このほか入賞24点、入選50点も決まった。11月7~19日、熊本市中央区手取本町の鶴屋百貨店で優秀作品を展示する。(藤山裕作)