台風24号、沖縄に29日接近

日本列島、縦断の恐れ

©一般社団法人共同通信社

台風24号の予想進路(28日9時現在)

 大型で非常に強い台風24号は28日、沖縄の南の太平洋上を西北西に進んだ。今後、北東に進路を変えて、勢力を保ったまま、29日には沖縄や奄美に、30日には西日本にかなり近づくとみられる。日本列島を縦断する恐れもあり、気象庁は暴風や高波、大雨への警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると沖縄、奄美では海が大しけとなっている。台風の接近に伴い、28日は沖縄を中心に大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴った非常に激しい雨が降る見込み。沖縄、奄美では29日には雷を伴った猛烈な雨が降り、30日にかけては、前線の影響で西日本や東日本でも雨量が多くなる恐れがある。