ロッキーズ7連勝 ポストシーズン進出へマジック「2」

©MLB Advanced Media, LP.

【フィリーズ3-5ロッキーズ】@クアーズ・フィールド

デービッド・ダール(4試合連続本塁打)、トレバー・ストーリー、ヘラルド・パーラの本塁打などで5点を奪ったロッキーズがフィリーズを破り7連勝。本拠地クアーズ・フィールドでのフィリーズ4連戦をスイープし、ポストシーズン進出に向けてのマジックナンバーを「2」に減らした。フィリーズは先発のジェイク・アリエタが2本塁打を浴びながらも6回3失点と試合を作ったが、打線はホゼ・バティースタとカルロス・サンタナの本塁打による3点どまり。最終回を締めくくったウェイド・デービスは球団新記録となる42セーブ目をマークした。

ロッキーズは初回にダールの14号ソロで先制し、2回裏にはストーリーの35号ソロとアリエタの暴投により2点を追加。ストーリーはシーズン35本塁打を放ったナ・リーグ史上4人目の遊撃手となった(他の3人はアーニー・バンクス、リッチ・オリーリア、ビル・ホール)。フィリーズは3回表にバティースタの13号ソロで1点を返したが、ロッキーズは7回裏に代打・パーラの6号ソロとダールのタイムリー三塁打で追加点。8回表にサンタナの24号2ランが飛び出し2点差となったものの、最後は守護神・デービスがフィリーズの反撃を封じた。ロッキーズ2番手のスコット・オバーグが今季8勝目(1敗)をマーク。デービスは2002年のホゼ・ヒメネスと2017年のグレッグ・ホランドによる41セーブの球団記録を更新した。