表情豊かに暗唱、スピーチ・米沢 県中学校・高校英語弁論大会

 第70回県中学校・高校英語弁論大会(県英語教育研究会など主催)が27日、米沢市の伝国の杜置賜文化ホールで開かれた。各地区の予選を勝ち抜いた生徒36人が、暗唱とスピーチの各部門で表情豊かに発表した。

 中学生は教科書に掲載された英文の暗唱と自作の英作文によるスピーチの2部門、高校生はスピーチ部門のみを行った。山口常夫東北文教大教授らが、発音、内容、表現力を審査した。

 中学スピーチの上位3人は全国大会(11月、東京都)に、中学暗唱の1位と高校スピーチの1、2位は東北大会(11月、福島県いわき市)に出場する。入賞者は次の通り。

 ▽中学暗唱 (1)斎藤吏乃(白鷹)(2)今立結梨香(鶴岡三)(3)海和知広(山形七) ▽同スピーチ (1)柿崎健太(山形一)(2)須藤愛心(楯岡)(3)加藤綾乃(宮内) ▽高校スピーチ (1)佐藤ひかり(羽黒)(2)袴田稲泉(長井)(3)古山萌子(山形西)

©株式会社山形新聞社

Curated by

edu-square

edu-square