スバル、新たな不正報告

ブレーキやメーター検査

©一般社団法人共同通信社

記者会見の冒頭、一連の検査不正問題について謝罪するスバルの中村知美社長(右)ら=28日午後、東京都渋谷区の本社

 SUBARU(スバル)は28日、検査不正に関する最終的な報告書を国土交通省に提出し、発表した。ブレーキの力やスピードメーターの誤差などの項目で不正が新たに判明し、数値の捏造を示す証言もあった。燃費・排ガスを巡る問題では対象車が6月公表の1551台から1869台に増え、測定データの改ざんが遅くとも1990年代前半から行われていた可能性が高いとした。

 調査した弁護士チームは、設備投資が抑制される一方で検査員の業務が過剰になり、しわ寄せを受けていたと分析。現場の規範意識が著しく鈍く、経営陣の管理も不十分だったと結論付けた。

燃費測定などの検査不正に関する再発防止策などをまとめた報告書を国交省の奥田哲也自動車局長(左)に手渡すスバルの中村知美社長=28日午後、東京・霞が関