台風24号 30日昼すぎ最接近

©有限会社大分合同新聞社

 大型で非常に強い台風24号は28日午前、沖縄の南の太平洋上を北西に進んだ。勢力を保ったまま北東に進路を変え、29日に沖縄や奄美に接近。30日には西日本にかなり近づき、日本列島を縦断する恐れがある。大分地方気象台によると、県内は早い所で29日深夜に風速15メートル以上の強風域に入り、30日昼すぎに最接近する見込み。

 予報円の中心または北寄りのコースを進むと、風速25メートル以上の暴風域に入る可能性もある。28日は前線や湿った空気の影響で、夜遅くから雨となりそう。

 29日正午までの24時間予想雨量は南部80ミリ、中部と西部が60ミリ、北部が40ミリ。同日の波の高さは高い所で▽南部4メートル▽中部2・5メートル▽北部1・5メートル。南部と中部はうねりを伴う。

 台風は28日午前9時現在、沖縄・宮古島の南東約380キロにあり、中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径220キロ以内は暴風域、中心から半径560キロ以内が強風域となっている。