ソニー・グローバルエデュケーションとZ会、通信教育向け「体験型プログラミング教材」で協業、2019年4月に提供を開始

ソニー・グローバルエデュケーションとZ会は、プログラミング教育サービスの拡大に向けて協業し、小学1・2年生を対象にした「体験型プログラミング教材」の提供を、2019年4月に開始する。

今回の提携によって、ソニー・グローバルエデュケーションのプログラミング的思考を育む「PROC(プロック)」と、Z会の小学生向け指導ノウハウを融合した新たな教材の共同開発を行う。

楽しく学べる要素を備えた体験型のデジタル教材で、両社がこれまで培ってきた技術とノウハウを活用し、プログラミング的思考の育成を目指す。

共同開発した教材は、Z会の通信教育「小学生コース」の小学1・2年生向けのプログラミング教材として提供される。カリキュラムは全4回で、学習はスマートフォンやパソコンで行う。

なお、同教材は「小学生コース1・2年生」の受講者に対して標準サービスとして提供されるため、別途受講料金はかからない。

©株式会社翔泳社

EdTechZine

「EdTechZine(エドテックジン)」は、学びたい、教えたいという意欲を持つすべての方に向けた教育ICT(EdTech)のオンラインメディアです。

いますぐ読む

Curated by

edu-square

edu-square