世界柔道Vの7人が記者会見

阿部一「東京に近づけた」

©一般社団法人共同通信社

柔道世界選手権を終え、獲得したメダルを胸に記念写真に納まる(前列左から)阿部一二三、高藤直寿、(後列左から)新井千鶴、浜田尚里、朝比奈沙羅、芳田司、阿部詩=28日、バクー(共同)

 【バクー共同】27日に終了した柔道世界選手権の個人戦を制した日本代表7人が28日、バクー市内で記者会見に臨み、男子66キロ級で2連覇を達成した21歳の阿部一二三(日体大)は「東京五輪にまた一歩近づけた」と充実感を漂わせた。

 妹で18歳の詩(兵庫・夙川学院高)は女子52キロ級で初出場優勝。きょうだいで世界一となった2人は大きな注目を浴びた。首から金メダルを下げて記念撮影に応じ、晴れ晴れとした表情の兄は「妹の存在を力に変えて試合ができた」。妹も「お兄ちゃんがいることで心強く大会に臨めた」と固い絆を示した。

 日本勢は29日に帰国予定。