台風24号 日曜日に西日本上陸へ 土日は広範囲で厳重警戒 交通の乱れや停電のおそれも

©株式会社ウェザーマップ

28日午後10時の台風24号の位置と進路予想。

 大型で非常に強い台風24号は、29日(土)に沖縄・奄美にかなり接近する見込み。30日(日)から10月1日(月)にかけては、西~北日本にかけての広い範囲で暴風や高波、大雨、高潮に厳重な警戒が必要だ。交通障害、停電、果実の落下などの農作物の被害が発生するおそれがあり、早めの対策を心がけたい。

 台風24号は28日(金)午後10時には宮古島の東南東約190キロにあって、時速約15キロで北北西へ進んでいる。今後、台風は次第に進路を北東に変え、29日に非常に強い勢力で沖縄・奄美にかなり接近する見込み。台風の動きが遅いため、影響が長時間続きそうだ。

 その後、台風は速度を速めながら北東に進み、30日には非常に強い勢力を維持したまま西日本にかなり接近・上陸し、1日にかけてさらに速度を上げて東~北日本にかなり接近・通過するおそれがある。また、日本の南に停滞している前線が、29日にかけて西~東日本に北上し、30日は北日本まで北上する見込み。

暴風・高波

29日までの風と波の予想。

 沖縄地方では猛烈な風や猛烈なしけ、奄美地方では大しけとなっている。沖縄・奄美では、30日にかけて猛烈な風や猛烈なしけとなる見込み。
 西~東日本でも、30日は非常に強い風や猛烈な風となり、海は猛烈なしけとなるおそれがある。暴風やうねりを伴った高波に厳重な警戒が必要だ。1日は北日本でも暴風や高波に警戒が必要となる。

大雨・雷・突風

予想雨量。上:30日午前0時まで、下:1日午前0時までの24時間(多い所)

 台風周辺や前線近傍では、大気の状態が非常に不安定となる。沖縄・奄美では、29日は雷を伴った猛烈な雨が降り、大雨となる見込み。30日から1日にかけては、活動が活発となる前線の影響や台風本体の雨雲の接近で、西~北日本にかけても大雨となるおそれがある。土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要だ。

 また、台風周辺だけでなく台風から離れた地域でも落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要となる。

高潮

 台風の接近・通過に伴い、沖縄・奄美では29日は海岸や河口付近の低地での高潮に対する厳重な警戒が必要だ。なお、潮位が堤防を越えなくても、潮位が高い中で高波があると波が海岸堤防を越えて浸水するおそれもある。高潮や高潮と重なり合った波浪による浸水などにも厳重警戒となる。

 予想される最高潮位は、高い所で
  沖縄県        標高 3.0メートル
  鹿児島県(奄美地方) 標高 1.8メートル