メキシコ、3カ国合意目指す

NAFTA、米加が協議

©一般社団法人共同通信社

アンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール、7月31日撮影(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】ロイター通信は28日、メキシコのロペスオブラドール次期大統領が、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で、カナダを含めた3カ国での合意を目指す考えを示したと伝えた。先行する米国とメキシコは2国間での新たな協定の内容を同日公表する予定だったが、カナダとさらに協議するため見送ったと報じた。

 メキシコのグアハルド経済相は「48時間内に3カ国になるか2カ国になるか分かる」と語った。

 トランプ米政権は8月にメキシコと2国間で新協定に基本合意し、カナダが加わるめどを今月末に設定していた。