喫茶「どるめん」歴史に幕、兵庫

市民運動の拠点37年

喫茶店「がらくた茶房どるめん」の店主金成日さん=兵庫県尼崎市

 兵庫県尼崎市の喫茶店「がらくた茶房どるめん」が29日、最後の営業を終えた。1981年の開店以来、人権や平和を訴える市民運動の拠点としてにぎわい、87年の朝日新聞阪神支局襲撃で亡くなった小尻知博記者=当時(29)=も通った。店主金成日さん(67)の体調不良が主な理由だが、「やりきった」と表情は晴れやかだ。

 幅広く課題を考え市民運動のため仲間と集える場をつくろうと29歳で店を構えた。「お茶の間大学」として講師を招き、人権や子育てなどをテーマに客と議論する日々。常連の一人は「真夜中まで語り合い、背中を押してもらった」と振り返る。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る