二条城や三千院、公開中止 台風接近、デパートも

©株式会社京都新聞社

台風24号の接近で30日の入園中止を知らせる張り紙(29日午後2時18分、京都市中京区・二条城)

 台風24号の接近に伴い、京都府内の主な社寺や観光施設などでは30日の拝観や営業を見合わせる。

 二条城(京都市中京区)では29日、風雨に備えて敷地内の看板などを移動させた。30日は臨時休園とするため、ライトアップ用の照明やテントも撤去した。観光で訪れた豊中市のパート、鈴木千鶴子さん(51)は「家に帰ってから台風の備えをしなければ」と話していた。

 延暦寺(大津市)や三千院(左京区)も参拝者の安全に配慮して30日の一般拝観を終日停止する。

 宮内庁は京都御所・仙洞御所(上京区)、桂離宮(西京区)、修学院離宮(左京区)の公開を休止する。京都鉄道博物館(下京区)、京都水族館(同区)、京都国際マンガミュージアム(中京区)も休館する。

 大丸京都店と京都高島屋、藤井大丸、ジェイアール京都伊勢丹(いずれも下京区)も臨時休業する。

 叡山ケーブル・ロープウェイ(左京区)は終日運休し、男山ケーブル(八幡市)は午後1時ごろから見合わせる。嵯峨野観光鉄道(右京区・亀岡市)は午後の運休を決めた。

 京都市内の美術館では30日、京都国立近代美術館、泉屋博古館、細見美術館、相国寺承天閣美術館、龍谷大龍谷ミュージアムなどが臨時休館する。

 大津市のびわ湖ホールは29日、30日に予定していた開館20周年記念公演を1日前倒しして「緊急特別公演」として開催した。公演日を繰り上げて開催するのはホール開館以来初めてで、「全国でも極めて珍しいのではないか」(同ホール広報)。緊急特別公演に来られなかったチケット購入者には郵送で払い戻しを案内する、としている。