宮城県の激辛ソウルフードは、とんでもねぇ

©株式会社ニッポン放送

ニッポン放送「週刊 なるほど!ニッポン」(9月23日放送)では、「宮城県の激辛ソウルフードは、とんでもねぇ!?」というトピックスを紹介した。

 

先日、東京 新宿の大久保公園シアターパークで開催された『激辛グルメ祭り2018」へ行ってきました。世界各国の激辛グルメが味わえるイベントで、中国四川の激辛麻婆豆腐、スペインの情熱の激辛イベリコパエリアとか、タイ人もビックリ!激辛ガパオライスなんてのもありました。

そんな中見つけたのが、宮崎発祥の激辛グルメ「辛麺」。出展していた「辛麵屋 一輪」の取締役 大牟田真之介さんにお話しを伺います。

-宮崎で「辛麺」は定番なのですか?

大牟田「ソウルフードみたいな感じですね」

-この辛麺の特徴は何なのですか?

大牟田「鶏ガラのスープで作っているのですけど、唐辛子の辛さを段階別に調整出来ます。あと麺が一番特徴的で、こんにゃく麺と言って、そば粉と小麦を使ったこんにゃくの食感に似たヘルシーな麺を使っています。麺は、こんにゃく麺、中華麺、うどんから選べますし、トッピングも選べます。それで自分好みの辛麺を作ることが出来ます。0辛という全くないものから、徐々に辛さを選んでいけるのも辛麺の魅力です。」

-【辛麵屋 一輪】さんは宮崎にお店はあるのですか?

大牟田「『輪』という名前で本店を構えていまして、それの東京ブランドとして新しく世界まで広げていこうと作ったのが『一輪』になります。『輪』本店は武骨な男受けするような、THEラーメン屋ですけど、ウチの『一輪』はカフェみたいな内装で女性のお客様が7割りぐらいです。」

-目の前にあるのが辛麺。真っ赤っ赤!

大牟田「これが宮崎には無い味で【とんでもねぇ】という東京だけで出している一番辛いものです。

-コレ完食する人いるのですか?

大牟田「スープまで飲み干したのは数名程度しかいらっしゃらないです。決して吸わないように。鶏ガラがベースなので普通は優しい味なのですけど、食べていただいたのは激辛フリークの方にも通用するように作ったものです。」

-辛いのが苦手な人が、だんだん好きになるような方法ってあります?

大牟田「一倍ずつ辛さを足せるので、自分が大丈夫な辛さを上げていけば、一番好きな辛さを見つけることが出来ると思います。おススメは5倍とか10倍ぐらいが、辛子の旨味とスープの旨味を感じながら食べることが出来るかなと思います。唐辛子の旨味を感じて欲しいですね」

-ちなみに宮崎の方は辛いのが得意な方は多いのですか?

大牟田「すいません(笑) 激辛好きの人に通用するように作ってみて一口味見して【とんでもねぇ】と言ってしまったので【とんでもねぇ】という名前になりました。」

 

週刊なるほど!ニッポン
FM93AM1242ニッポン放送 日曜24:50-25:00