辺野古、国と協議の必要性指摘

沖縄県知事当選で玉城氏

©一般社団法人共同通信社

沖縄県知事選の初当選から一夜明け、取材に応じる玉城デニー氏=1日午前、沖縄県沖縄市

 沖縄県の翁長雄志知事の死去に伴う9月30日の知事選で初当選した前衆院議員玉城デニー氏は1日、争点となった米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り国と協議する必要性を指摘した。沖縄市で記者団に「辺野古の今後について、国とまずは協議したいと伝えたい」と述べた。安倍晋三首相は官邸で記者団に「選挙結果を真摯に受け止める。沖縄の振興、基地負担の軽減に努める」と語った。

 国との関係について玉城氏は「はなから対立や分断の立場を取るつもりはない」とした上で「協議の中で検討できるものがあれば、忌憚なく意見交換する」と表明した。