山梨県の新たな魅力を発信!「やまなしサポーターズ倶楽部」開催

 山梨県では、平成30年9月6日、「やまなしサポーターズ倶楽部交流会」を開催しました。

 この交流会は、県出身者やゆかりのある経済人、文化人にご就任いただいている「やまなし大使」の方々をお招きし、山梨県が誇る県産品や農産物等の魅力を実感し、広く情報発信してもらうことを目的に、毎年1回、都内において開催しているものです。

 12回目となる今回の交流会では、「大切な人に贈りたい山梨、大切な人と旅したい山梨」をテーマに、八ヶ岳など美しい山々が一望できる話題の施設やブドウやモモなどのフルーツを使ったスイーツを味わうことのできるカフェなどの情報、最新の技術やデザインなどを取り入れた伝統工芸品などの展示を通じ、300名を超える「やまなし大使」の方々に山梨県の新たな魅力を紹介しました。

 また、山梨県の食の魅力を実感していただくため、ジビエや旬のブドウ、郷土料理である吉田のうどんなどの県産食材を使った料理の試食、世界的に評価の高いワインや山梨の名水を仕込み水として醸した日本酒、人気のウイスキーや地ビールなど県産酒の試飲を行いました。

 当日は、サプライズゲストとして登場した「レミオロメン」ボーカルの藤巻亮太氏による演奏や三遊亭小遊三師匠の軽妙な語り口の挨拶で大いに盛り上がりました。

 会場では、交流会の様子をSNS等で発信したり、会場となった日本橋プラザビル1Fにある山梨県のアンテナショップ「富士の国やまなし館」で、知人へ贈る県産品を買い求めたりする「やまなし大使」の姿が多く見られ、山梨県の魅力を広く発信することができました。

開会の挨拶をする後藤斎山梨県知事
サプライズで演奏する「やまなし大使」の藤巻亮太氏
話題の観光情報などをパネルで紹介
当日提供された旬のブドウなどを使ったスイーツ

Follow

ふるさと発信 山梨県

on

©山梨県