IT各社、海外で採用加速

技術系中心に、競争過熱

©一般社団法人共同通信社

メルカリの山田進太郎会長兼CEO(左端)と海外の大学出身の新入社員ら=1日、東京都港区

 IT関連企業が、海外の技術系学生の採用を強化している。データ分析やアプリ開発が重要なテーマとなり、工学系の技術者の需要が急速に高まっているためだ。各社はインドや中国の名門校で採用活動を展開。海外の巨大企業も同様の動きを進めており、採用競争が過熱している。

 フリーマーケットアプリ運営のメルカリには1日、海外の大学から新卒社員44人が入社した。インド工科大出身のサヒル・リシさん(22)はインドで開かれたイベントでメルカリを知ったといい「多様性に寛容な点が気に入った。大学で学んだ機械学習の知識を生かしたい」と意気込んだ。