台風24号、製錬・電線メーカーなど操業に一部影響

©株式会社鉄鋼新聞社

 台風24号による暴風雨で非鉄金属関連メーカーでは、安全配慮による操業見合わせや停電などから製錬や電線、アルミダイカストメーカーで操業に影響が出た生産拠点があった。ただ製造設備などへの大きな被害は、1日現在では確認されていない。

 JX金属は9月30日、グループ会社のパンパシフィック・カッパー(PPC)の佐賀関製錬所(大分県大分市)で安全に配慮し自熔炉の操業を一時見合わせたが即日再開。子会社の日本鋳銅(同所)でも一時中止後に再開した。

 三井金属鉱業は一部工場で窓ガラスの破損などが見られたが、操業等への影響はなかった。住友金属鉱山は30日、新居浜工場(愛媛県新居浜市)の操業度を下げて稼働していたが、1日から通常通りに戻った。

 電線では矢崎総業グループで静岡県内の一部工場が停電により稼働を停止。設備被害の調査を進めている。住友電工では横浜製作所(横浜市栄区)で壁の一部が破損するなど軽微な被害があったが、操業への影響は出ていない。フジクラでは鈴鹿事業所(三重県鈴鹿市)などで建屋に軽微な被害は出たが生産への影響はなかった。また流通大手の泉州電業は豊橋営業所(愛知県豊橋市)が停電で業務を停止している。

 アルミダイカストメーカーでは大紀アルミニウム工業所の新城工場(愛知県新城市)が停電により一時生産を休止したが、すでに再開。また同社の亀山工場(三重県亀山市)と結城工場(茨城県結城市)は屋根の一部が被災したが操業面での影響はなかった。軽圧・伸銅・サッシメーカーの製造拠点では生産に影響をもたらす被害は出なかった。