2018年のレギュラーシーズンが終了 マイコラス最多勝

©MLB Advanced Media, LP.

日本時間10月2日、2018年のレギュラーシーズン全日程が終了し、両リーグのタイトルホルダーが確定した。最終日まで三冠王の可能性を残していたクリスチャン・イェリッチ(ブリュワーズ)は4打数3安打1打点の活躍を見せたものの、本塁打で3位タイ、打点で2位タイにとどまり、タイトルは首位打者のみに。また、マイルズ・マイコラス(カージナルス)はナ・リーグ最多タイの18勝をマークし、メジャー復帰1年目で最多勝のタイトルを手にした。

両リーグのタイトルホルダーは以下の通り(★は両リーグトップを示す)。

【ア・リーグ】
首位打者:ムーキー・ベッツ(レッドソックス)打率.346★
本塁打王:クリス・デービス(アスレチックス)48本塁打★
打点王:J.D.マルティネス(レッドソックス)130打点★
盗塁王:ウィット・メリーフィールド(ロイヤルズ)45盗塁★
最優秀防御率:ブレイク・スネル(レイズ)防御率1.89
最多勝:ブレイク・スネル(レイズ)21勝★
最多奪三振:ジャスティン・バーランダー(アストロズ)290奪三振
最多セーブ:エドウィン・ディアス(マリナーズ)57セーブ★

【ナ・リーグ】
首位打者:クリスチャン・イェリッチ(ブリュワーズ)打率.326
本塁打王:ノーラン・アレナード(ロッキーズ)38本塁打
打点王:ハビアー・バイエズ(カブス)111打点
盗塁王:トレイ・ターナー(ナショナルズ)43盗塁
最優秀防御率:ジェイコブ・デグロム(メッツ)防御率1.70★
最多勝:ジョン・レスター(カブス)18勝
マイルズ・マイコラス(カージナルス)18勝
マックス・シャーザー(ナショナルズ)18勝
最多奪三振:マックス・シャーザー(ナショナルズ)300奪三振★
最多セーブ:ウェイド・デービス(ロッキーズ)43セーブ