被災のむかわ町でシシャモ漁開始

北海道地震、「町に活気を」

北海道むかわ町の漁港に水揚げされたシシャモ=3日午前

 北海道の地震で深刻な被害を受けたむかわ町で3日、特産のシシャモの漁が始まった。漁期は11月上旬ごろまでで、産卵のために川を遡上するのが確認されれば終了する。鵡川漁業協同組合の時田清一組合長(70)は「大変な状況だからこそ、シシャモが捕れて浜も町も活気づいてくれれば」と話した。

 午前6時ごろ、秋晴れの空の下、漁協所属の14隻が出港。漁は1日の解禁だったが、台風の影響で見合わせていた。

 シシャモは北海道の太平洋岸でしか取れず、一般にスーパーなどで流通しているのは「カラフトシシャモ(カペリン)」という別の魚。干物のほか、地元ではすしも親しまれている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS