引き継ぎ時リスク伝わらず

目黒虐待死、厚労省報告書

©一般社団法人共同通信社

船戸結愛ちゃんが虐待を受け、亡くなった自宅アパートに供えられた花束=6月、東京都目黒区

 東京都目黒区で3月、両親から虐待されていた船戸結愛ちゃん=当時(5)=が死亡した事件を検証していた厚生労働省の専門委員会は3日、結愛ちゃんの転居に伴う、香川県と都の児童相談所間の引き継ぎでは危険性が十分に伝わらなかったとする報告書をまとめた。香川県側は、けがの写真など客観的資料を送付せず、緊急性の評価に使われる「リスクアセスメントシート」を作成していなかったため、認識のずれが生じたとしている。

 事件を受け、政府は7月に児相間の引き継ぎを徹底したり、児相の体制を強化したりすることを盛り込んだ緊急対策を決定している。