ソフトB盗塁王の本多が引退会見

「まだ信じられない」

©一般社団法人共同通信社

引退記者会見するソフトバンクの本多雄一内野手=3日、ヤフオクドーム

 今季限りで現役を引退するソフトバンクの本多雄一内野手(33)が3日、ヤフオクドームで記者会見を開き「まだこの場にいることが信じられない。(プロでの)13年間の思いが走馬灯のように浮かぶ」と惜別の気持ちを口にした。6日に同球場で行われる西武戦が引退試合になる。

 2012年から首痛に悩まされ「今年は痛みが出る日が多かった。納得する動きができず、引く決断をした」という。一番の思い出はリーグ優勝が決まった10年9月26日の楽天戦。自身も2盗塁で西武の片岡(現巨人2軍内野守備走塁コーチ)の59盗塁に追い付き、初の盗塁王を確実にした一戦だった。通算342盗塁。