オスプレイ「防衛能力高める」

米空軍横田基地で運用トップ

©一般社団法人共同通信社

取材に応じる米空軍のコズラウスキー少佐=3日午後、東京・横田基地

 米空軍横田基地(東京都福生市など)に配備された輸送機CV22オスプレイの現場運用トップ、第353特殊作戦群第1分遣隊司令官のコズラウスキー少佐が3日、基地内で取材に応じ「CV22の前方展開は日本の防衛能力を高めると同時に、災害支援や人道支援能力を向上させる」と話した。

 コズラウスキー少佐は横田基地が平時、有事を問わず西太平洋の空輸の運用拠点だと指摘した上で「全てのクルーや関係者は高い技術を持ち、安全を最優先に任務を行えるよう調整、訓練をする」と強調した。

 オスプレイが横田基地飛来後、正式配備前に訓練を繰り返したことには「地形の習熟の訓練」と説明した。