目黒の虐待死、「防げた可能性」

事件検証の専門委長が見解

©一般社団法人共同通信社

虐待死事件の検証について、取材に応じる山県文治関西大教授(右)=3日午後、厚労省

 東京都目黒区で3月、船戸結愛ちゃん=当時(5)=が両親から虐待されて死亡した事件を検証していた厚生労働省の専門委員会で委員長を務めた山県文治関西大教授(子ども家庭福祉)が3日、取材に応じ「国や自治体のマニュアルを守っていれば、亡くなる確率はかなり低かったと思う」と述べ、対応に当たった香川県と東京都のそれぞれの児童相談所に問題があったとの見方を示した。

 専門委は、両児相の引き継ぎで危機感が十分に伝わらなかったとする報告書をまとめ、国に再発防止のため、児相職員の人材強化などに取り組むよう求めた。

5歳女児が暴行を受けて死亡する事件があったアパート=3月3日、東京都目黒区