米英3氏にノーベル化学賞

医薬品、燃料開発法に栄誉

3日、スウェーデンの王立科学アカデミーがノーベル化学賞の授与を発表した(左から)米国のフランシス・アーノルド氏、米国のジョージ・スミス氏、英国のグレゴリー・ウインター氏(AP=共同)

 【ストックホルム共同】スウェーデンの王立科学アカデミーは3日、2018年のノーベル化学賞を米カリフォルニア工科大のフランシス・アーノルド教授(62)、米ミズーリ大のジョージ・スミス名誉教授(77)、英医学研究会議(MRC)のグレゴリー・ウインター博士(67)の3氏に授与すると発表した。新たな酵素を作るなどして医薬品やバイオ燃料の製造技術を開発したことが評価された。

 アーノルド氏は生物の進化の仕組みを利用して新しい酵素を生み出す方法を開発。スミス氏はウイルスを使ってタンパク質と遺伝子の関係を調べる手法を編み出した。ウインター氏はこの手法で新薬探索を効率化。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS