停電の商工業損失1300億円超

北海道地震

©一般社団法人共同通信社

 北海道は3日、地震に伴う停電で、営業を取りやめたことによる商工業の損失額が推計約1318億円に上ると発表した。卸売、小売業の損失が約986億円で、製造業の損失は約332億円だった。

 道経済部が、事業者の売上高と停電日数から算出した。停電により、道内では店舗が休業したり、工場が稼働を停止したりしていた。

 宿泊施設のキャンセルや、飲食などを含む観光分野の損失も、これまでの約292億円から約356億円に膨らんだ。宿泊をキャンセルしたのは、延べ114万9千人に上った。