教諭が体罰で生徒の顔にボール

大阪市立中学女子バレー部で

©一般社団法人共同通信社

 大阪市立中の女子バレーボール部顧問だった男性教諭が「おまえのせいで負けた」と言い、部員の女子生徒の顔面にボールをぶつける体罰を加えていたことが4日、市教育委員会への取材で分かった。市教委は教諭を処分する方針。

 市教委によると、教諭は8月16日、別の中学での練習試合後、消極的なプレーが目立ったとして生徒の顔にボールをぶつけ、生徒の保護者が抗議。2年前から部員全員に対して、人格などを否定する暴言も吐いていたと判明し、同月、顧問を解任された。教諭は生徒や部員に直接謝罪。市教委に「怒る指導が中心となり、指導方法を誤った」と説明している。