地震被害把握へ高橋知事が3町訪問

©株式会社室蘭民報社

大規模な土砂崩れが発生した現場で宮坂町長から説明を受ける高橋知事(左)=3日午後4時15分、厚真町富里

 高橋はるみ知事は3日、胆振東部地震の被害状況を把握するため厚真、安平、むかわ3町を訪問。各町長から「人材派遣」や「復興基金の創設」などの要望を受けた。高橋知事は「各町の状況に応じて対応していきたい」と述べた。

 高橋知事は厚真町で土砂崩れで大きな被害を出した富里地区、安平町では仮設校舎の建設が決まった早来中学校、むかわ町では「むかわ竜」を展示している町立穂別博物館を訪れ、担当者から説明を受けた。

 この後、各役場で町長と意見交換。厚真町の宮坂尚市朗町長は富里浄水場と農地の復旧、仮設福祉施設の建設を要請。安平町の及川秀一郎町長は3町長で合意した復興基金の創設と人材派遣、むかわ町の竹中喜之町長は中長期的なまちづくりのアドバイザーの派遣などを求めた。(佐藤重伸)