九州、沖縄は暴風雨警戒

大型で強い台風25号北上

©一般社団法人共同通信社

台風25号の予想進路(4日18時現在)

 大型で強い台風25号は4日、暴風域を伴って沖縄に接近した。九州や奄美、沖縄で5日は暴風雨になるとみられ、気象庁は警戒を呼び掛けた。台風はその後、6日に西日本に接近し、7日は日本海から北日本に進み、各地で大雨や大しけになる恐れがある。

 気象庁によると、沖縄は台風が通過するため5日にかけて非常に激しい雨が降り、猛烈な風が吹く。九州も5日は秋雨前線に暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定になり、局地的に非常に激しい雨や風となり、大しけになる見込み。

 台風の影響で南寄りの風が入るため、関東では7日を中心に最高気温が30度ほどの季節外れの暑さになりそうだ。