株式会社コーセーに潜入!仕事の流れやオススメの化粧品について聞いてみた!

©楽天株式会社

皆様初めまして!学生ライターの樋口です。今回は化粧品の製造・販売を行う株式会社コーセーに潜入してきました。株式会社コーセーは年齢問わず女性に馴染み深い「雪肌精」や女子大生に人気の「Visée (ヴィセ)」などの数多くの化粧品を扱っている会社です。ご存知の方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな株式会社コーセーのチェーンオペレーション推販部に所属されている、新卒入社10年目の記伊 亜沙美さんにお話を伺ってきました!化粧品会社に興味のある方、また販売促進の仕事や営業職に興味のある女性の方も必見の内容になっています。ぜひご覧ください。

株式会社コーセー チェーンオペレーション推販部 記伊 亜沙美さん

記伊さんの経歴に迫る

樋口: 本日はよろしくお願いいたします。記伊さんはチェーンオペレーション推販部に所属されているということなのですが、どのようなお仕事をされているのですか?

記伊: 担当企業のバイヤーへ、コーセーの商品を紹介し、その商品の店頭での販売促進に向けた施策提案を行う営業職です。具体的には、店頭でお客さまにコーセーの商品をより魅力的に感じてもらい、手にとって頂けるような販売促進施策を、その商品の弊社ブランド担当者と一緒に考えながら決めています。そして、取引先との商談の中で商品を紹介し、販売促進の施策提案を行います。そして、取引先との商談で決まった販売促進の施策を、実際に店頭で商品を取り扱うメンバーが販売しやすいように伝達をしています。その活動を通して担当している支店や小売業界の企業の実績を上げていくというのが我々の部署のミッションですね。

樋口: わかりやすい説明をありがとうございます。チェーンオペレーション推販部には新卒で入社してすぐ配属されたのですか?

記伊: 最初は大阪にあるGMS(general merchandise store)の店頭で販売促進を行う支店に5年間所属し、6年目にこちらに来ました。GMSというのは総合スーパーのことで、私は大阪のスーパーを担当していました。その後異動があり、東京に来ることになりました。

樋口: 大阪から東京への異動は大変ではなかったですか?

記伊: その時は東京で働いてみたいと思っていたので、ちょうどよかったですね。コーセーは全国転勤がある会社なので、東京もそうですし、全国様々なところで働くことができます。

樋口: そうなのですね。ちなみにコーセーの人事異動というのはどのような形で行われるのですか?

記伊: 異動の辞令が出る場合もありますが、その他に「人材公募制度」というものがあります。「人材公募制度」というのは、年に1度、該当部署から公募内容が提示され、その公募に対して、社員自らが応募し、キャリア形成のステップにしていく制度です。面接や論文審査等を受けて合格すると、異動チャンスがあります。それゆえ、行きたい部署に行ってやりたい仕事が出来る機会は他の会社より多いと思います。

樋口: なるほど、希望する部署に異動するチャンスがもらえる素晴らしい制度ですね。大まかに記伊さんの仕事内容をお聞きしてきましたが、次に記伊さんの一日の仕事のスケジュールを伺っていきたいと思います。

1日のお仕事の流れ

9:30 出社

(記伊)チェーンオペレーション推販部は9時半から仕事を始めます。私が出社してまず行うのは、メールチェックや売上などの数字の確認です。午前中の仕事は日によっても変わってくるのですが、メールチェックや資料作成をすることが多いですね。ここぞという商談の準備には大体半日から1日ぐらい時間をかけることもあります。

ランチ

(記伊)基本的にランチの時間は自由にコントロールできます。営業のいいところは、自分で時間をすべてコントロールできるので、夕食が遅くなりそうな時は、ランチを遅めにしたりできることです。地方に出張に行ったときはその土地の美味しいものを食べますね。北海道に行くときは上司にお寿司屋さんに連れて行ってもらっています。先日、宮城県の仙台市に行ったときは上司に牛タンのお店へ連れて行ってもらいました(笑)。

午後

(記伊)外回りに行くことも多いです。全国にある弊社支店の社員や取引先様の企業の方とミーティングをしたり、実際に店舗に行って現場でどのように販売されているか確認したりしています。地方出張も多く、今は北海道や東北を担当しているので、大体1週間に1回はそちらへ出向きます。

18:20 退社

(記伊)終業時間は18時20分です。定時で帰ることもありますし、定時を過ぎて仕事をする日もあります。日々の仕事量に合わせて、自分で退社時間をコントロールしながらやっています。今日は、友人と飲み会だから定時に帰ろうとか、仕事もプライベートも充実しています(笑)。

私は1週間ごとにTO DOリストを作っているのですが、毎日退社前には、今日は何ができて何ができなかったのか、業務の整理をおこないます。

記伊さんのコーセー商品への思い入れ

樋口: ご自身で使われている化粧品は全てコーセーの商品ですか?

記伊: はい。基本的にはコーセーの商品を使っています。ただし、アイライナー等の他社商品を研究したい場合は他社の商品を使用する場合もあります。それ以外は全て弊社の商品です。品質の良いところが気に入っています!

樋口: 他社のものを使われる際はリサーチの目的も兼ねて使っていらっしゃるのですか?

記伊: そうですね。他社の商品を使うときは、この商品の使い心地ってどうなんだろうと気になったり、自社製品と比べてどういう違いがあるのかなと気になった時に使ってみていますね。

樋口: 記伊さんがおすすめするポイントメイク用のコーセーの商品はありますか?

記伊: ひと塗りで唇に、美しいグラデーションができるリップ、「 ヴィセ クリスタルデュオ リップスティック 」がおすすめです。発売したのが昨年の8月でしたが、そこから爆発的に売れました。私が担当している企業様の店舗でも新記録が出たくらい、勢いのある商品でしたね。グラデーションリップという唇の中央から外側に向かって、唇の色を徐々にグラデーション状に仕上げていくメイク法があるのですが、普通はテクニックを必要とするものをこのクリスタルデュオ リップスティックは1本のリップで簡単に作れるんです。そこが画期的だったのだと思います。

樋口: すごく話題になりましたもんね。私も知っています。

記伊: 弊社で販売している過去のリップと比べても一番売れていて、3ヵ月で100万個という過去最高の売上を樹立しました。私は面接官として新卒採用に関わったこともあるのですが、面接の際に弊社の商品について聞いた際も、やはり学生の皆さんに一番使って頂いている商品はヴィセでした。

樋口: なるほど。やはり学生の皆さんに馴染み深いブランドなんですね。ちなみにヴィセはお手頃価格なので学生でも使っている人が多い商品だと思うのですが、大学生でも使ってみてほしいハイブランド(学生が使うようなプチプラブランドよりも高級なブランド)の商品はありますか?5,000円から1万円くらいの価格帯くらいなら手が届くかも…。

記伊: コーセーはハイブランドもたくさんあるのですが、やっぱり一番使ってみてほしいなと思うのは「 雪肌精 」ですね。弊社を代表するロングセラーで、1985年に発売されてから33年間多くのお客さまに愛され続けている商品なので、ぜひ使ってみてほしいです。

化粧品業界もファッション業界などと同じようにトレンドがある業界なのですが、一方でロングセラーも多く存在するんです。良い商品だと売れ続けるというのがこの業界の面白いところです。

雪肌精専属PR担当のSETSUKO

次回は記伊さんのお仕事への姿勢に迫ります。

今回は記伊さんの仕事の内容やオススメの商品を伺っていきました。普段知る事のできないコーセーで働く方の貴重な仕事内容や、普段記伊さんが使用なさっているオススメの商品を聞くことが出来ました。

次回はそんな記伊さんが株式会社コーセーでどんな気持ちで働いていらっしゃるのかを伺っていきたいと思います。

次回へ続く

著者:樋口彩音