五輪ボランティアに3万人超応募

8万人想定、12月上旬まで募集

©一般社団法人共同通信社

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は5日、9月26日に募集を開始した大会ボランティアに、5日午前10時時点で3万1982人が応募を完了したと発表した。必要な作業を終えていないものの登録手続きをした人も含めると6万1826人だった。大会ボランティアは8万人を想定し、12月上旬までインターネット上で募る。東京都が2万人を一般募集する都市ボランティアには3426件の応募があった。

 組織委の武藤敏郎事務総長は応募者の男女比はほぼ半々で、70代以上の人も含めて年齢層は幅広いと説明。「締め切りまで時間がある。順調にいっているのではないか」との印象を述べた。