台風25号 大雨、土砂災害警戒を

©有限会社大分合同新聞社

 大型で強い台風25号は5日午前、東シナ海を北上した。対馬海峡付近から日本海に進み、北日本に向かう見通し。台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、県内は5日いっぱい大雨となる恐れがある。台風の最接近は6日昼前になりそう。大分地方気象台は土砂災害や、うねりを伴った高波に警戒するよう呼び掛けている。

 気象台によると、早い所は5日夕に風速15メートル以上の強風域に入る見込み。6日正午までの24時間予想雨量は多い所で南部120ミリ、中部80ミリ、西部60ミリ、北部40ミリ。

 同日にかけての最大瞬間風速は全域で30メートルの予想。波の高さは南部5メートル、中部4メートル、北部3メートル。

 台風25号は5日午前9時現在、久米島の北北西約210キロにあり、時速約25キロで北へ進んだ。中心の気圧は965ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から半径190キロ以内は暴風域、560キロ以内は強風域となっている。

 県によると、5日午前8時現在、豊後大野市大野町後田の国道57号(中九州道)でのり面の土砂が道路に流入し、片側交互通行になっている。けが人や建物被害はない。