海自、韓国の観艦式に不参加

自衛艦の旭日旗問題、防衛相発表

海上自衛隊の自衛艦旗(海自提供)

 岩屋毅防衛相は5日、韓国が今月開催する国際観艦式への海上自衛隊の参加を見送ることを決め、韓国政府に伝達したと発表した。韓国側が観艦式で海自の自衛艦旗である旭日旗の掲揚を自粛するよう通知しており、応じられないと判断した

 観艦式は済州島で10日から開かれる予定。岩屋氏は「自衛艦旗の掲揚は国内法で義務づけられており、国際法上も国の軍隊に所属する船舶であることを示す外部標識に該当する」として、韓国側に通知を変更するよう要請してきたと説明。しかし、韓国側は応じなかった。

 旭日旗は戦前、日本の陸海軍旗として使用され、韓国や中国では「侵略の象徴」との受け止めがある。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS