台風25号、九州北部に接近

暴風や高波に厳重警戒を

©一般社団法人共同通信社

台風25号の予想進路(5日18時現在)

 大型で強い台風25号は5日、次第に速度を上げながら九州の西の東シナ海を北寄りに進み、6日には対馬海峡付近に達して日本海に進む見通し。台風の接近で九州北部では暴風や高波に厳重な警戒が必要だ。九州から東日本の太平洋沿岸に停滞中の前線も6日にかけて北日本に北上するため、通り道となる西日本は大雨になる恐れがある。

 台風が今後接近する北海道や東北では6日から7日にかけて雨が降りそうだ。北海道地震の被災地を中心に土砂災害、浸水、河川の増水や氾濫に注意が必要になる。

 6日までの予想最大風速は九州北部30メートル、中国、北陸25メートル。