性暴力と闘う2人に平和賞

コンゴ医師、元奴隷女性

©一般社団法人共同通信社

ノーベル平和賞の受賞が決まった、性暴力根絶を訴える活動を続けているナディア・ムラドさん(左)と性暴力を受けた女性の治療に尽力してきたデニ・ムクウェゲ医師(ロイター=共同)

 【オスロ共同】ノルウェーのノーベル賞委員会は5日、2018年のノーベル平和賞を、アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)で性暴力と闘い、民兵らによる被害女性の治療に尽力してきた男性産婦人科医デニ・ムクウェゲ氏(63)ら2人に授与すると発表した。もう1人は、過激派組織「イスラム国」(IS)に性奴隷として拘束され生還し、性暴力根絶を訴える活動を続けるイラク人女性ナディア・ムラド氏(25)。

 「戦争の武器としての性暴力終結に向けた努力」が授賞理由。レイスアンデルセン委員長は、2人が身の危険を顧みず戦争犯罪と闘い、被害者のために正義を追求したと評価した。