富山の動物園でサル2頭が脱走

1頭は園外に

 富山市ファミリーパークは5日、園内で飼育しているニホンザル2頭が脱走したと明らかにした。1頭は園内で確認されているが、もう1頭は敷地外に出た可能性が高いとしている。捕獲や施設点検のため当面休園とする。

 同パークによると、ニホンザル36頭を飼育していたが、9月29日に5歳前後の1頭が行方不明になっていることが判明。さらに5日、展示場の柵を乗り越えて逃げる10歳の雄を職員が目撃した。柵は高さ3メートルと5メートルの二重構造になっており、それぞれ脱走を防ぐため、電流が流れていた。

 パークは5日、雄の脱走を確認後、来園者を退園させた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS