人生最期のケア考える「ACPってなんですか?」 きょう浦添で市民講座、入場無料

 第20回うらそえ市民公開講座「いっしょに考えよう人生のゴールPart.2~アドバンス・ケア・プランニング(ACP)ってなんですか?」が6日午後2時半から、浦添市てだこホール市民交流室で開かれる。入場無料。

 ACPとは、人生の最終段階で受けたい治療やケアについて、患者が家族や医療・介護従事者と事前に話し合う取り組み。

 東京慈恵会医科大学付属柏病院総合診療部診療部長の三浦靖彦さんが「アドバンス・ケア・プランニングのすすめ~どのように生きていくかを考えましょう~」をテーマに基調講演する。医療・介護従事者によるパネルディスカッションもある。

 主催は浦添市医師会、共催は浦添市と沖縄タイムス社。参加申し込みは不要。問い合わせは同医師会、電話098(874)2344(6日午前9時から正午まで)。

うらそえ市民公開講座

©株式会社沖縄タイムス社

沖縄タイムス+プラス

パソコン・スマホ・タブレットで、いつでもどこでも紙面が読める。アプリでサクサク。朝5時配信。まずは無料登録。

詳細はこちら