滝口氏が出馬表明

道議選室蘭市区7期目へ挑戦

©株式会社室蘭民報社

道議選への立候補を表明する滝口氏=5日、室蘭市役所

 来春の道議選室蘭市区(定数2)に、現職の滝口信喜氏(71)=北海道結志会=が5日、立候補する意向を表明した。無所属で出馬する。滝口氏は現在6期目。

 同日実施した連合後援会役員会で「満場一致」で出馬が了承され、立候補を決めた。政党推薦は関係者と協議するとした。

 会見で滝口氏は「自主自立で地域主権を発揮できる体制を道議会で主張してきた。それを目指さなければいけない」と語り、地震の復興や鉄路問題に取り組む考えを示した。市内の現状について、経済や環境、観光振興に意欲を示し「培った経験を生かし地域のために頑張り抜く」と語った。

 滝口氏は室蘭市出身。専修大卒。市職員、国会議員秘書、市議を経て、1995年4月の道議選で初当選した。(粟田純樹)