雨上がりに響くお囃子、情緒高まる 大津祭宵宮

©株式会社京都新聞社

新調された源氏山のちょうちんが宵宮の祭り情緒を盛り上げた(6日午後6時15分、大津市京町1丁目)

 大津祭は6日、宵宮を迎えた。大津市中心部に勢ぞろいした13基の曳山(ひきやま)が提灯の明かりに彩られ、笛や太鼓のお囃子(はやし)で祭り情緒が盛り上がった。

 台風25号の影響で朝から雨がちとなったが、先週の台風で山建てを延期・中断した曳山12基も組み立てを終え、豪華な幕や金具で飾られた。

 夕方には雨が上がり、各曳山町ではボランティア団体「長柄(ながえ)衆」のメンバーが曳山を飾る幕や人形の由緒を紹介。見物客は説明に耳を傾けたり、鮮やかな着物姿の囃子方を写真に収めて、楽しんでいた。

 7日の本祭は午前9時ごろ、全曳山が同市京町3丁目の天孫神社に集合し、途中24カ所でからくりを演じながら旧東海道などを夕方まで巡行する。