天皇陛下、魚類学会に

自身も会員、研究者と交流

©一般社団法人共同通信社

日本魚類学会の年会に出席後、パネル展示を見学される天皇陛下=6日午後、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センター(代表撮影)

 天皇陛下は6日、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターを訪れ、日本魚類学会の年会に出席して旧知の研究者らと交流された。今回は、学会の50周年記念大会も兼ねている。陛下は学会の会員で、ハゼの分類などの研究で数々の論文を発表している。

 陛下はまず、インドシナ半島を流れるメコン川流域に生息するハゼの生態を調べた研究者の発表を熱心に聴き、その後は学会の歴史を振り返るパネル展示を見学。50周年を記念する魚類学の百科事典が完成したと聞くと、「(盛り込む内容を)選ぶのが大変だったでしょう。いろんな研究が進んでいるからね」と目を細めていた。