優しい光の世界 あかりアート展開幕

 第25回美濃和紙あかりアート展は6日、岐阜県美濃市で開幕した。雨天のため市内の体育館2カ所であり、美濃和紙を施したオブジェの温かな明かりを楽しむ来場者でにぎわった。7日まで。

 実行委員会、美濃市観光協会主催、岐阜新聞社、岐阜放送など後援。一般部門250点が武義高校体育館(同市泉町)、小中学生部門87点が美濃小学校体育館(同)に並び、家族連れらが柔らかな輝きを放つ力作の数々を観賞した。美濃小では、25回目を記念するワークショップもあり、子どもらが和紙の風車作りに挑戦した。

 7日は天候が良ければ、うだつの上がる町並みで午後5~9時に開催。美濃市と友好交流協定を結ぶ台湾・高雄市美濃区の美濃婦女合唱團(だん)の公演も行われる予定。

雨のため体育館に並べられた美濃和紙のあかりアート作品に見入る来場者=6日午後5時45分、美濃市泉町、武義高校

©株式会社岐阜新聞社