V長崎 粘り強く 神戸と1-1

©株式会社長崎新聞社

 明治安田J1第29節第2日(6日・ノエビアスタジアム神戸ほか=4試合)V・ファーレン長崎は神戸と1-1で引き分けた。通算成績は8勝4分け17敗(勝ち点28)で最下位。

 V長崎は前半22分、澤田が右足シュートを決めて先制。同30分にセットプレーから失点して追い付かれた。1-1の後半14分、神戸はイニエスタを投入。V長崎は押し込まれる場面も目立ったが、粘り強い守備でゴールを割らせず、ドローで勝ち点1を加えた。神戸は連敗を5で止めたものの、6戦白星なし。

 2位広島は柏に0-3で敗れ、2連敗で4戦勝ちなしとなった。首位川崎と並ぶ勝ち点は56のまま。柏は5試合ぶり勝利を挙げた。G大阪はC大阪に1-0で競り勝って5連勝。湘南は鳥栖を下し、4試合ぶりの白星を挙げた。

 第29節最終日は7日、各地で鹿島-川崎など4試合を実施。第30節は19~21日、各地で9試合が行われ、V長崎は21日午後4時から諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で磐田と対戦する。

【神戸―V長崎】前半22分、V長崎の澤田(左)が先制ゴールを決める=神戸市、ノエビアスタジアム神戸