相葉雅紀:広末涼子をおんぶ ロケ現場の住人が誤解?

連続ドラマ「僕とシッポと神楽坂」のイベントに登場した相葉雅紀さん

 人気グループ「嵐」の相葉雅紀さんが7日、東京・神楽坂の赤城神社で開かれた主演ドラマ「僕とシッポと神楽坂」(テレビ朝日系、12日から毎週金曜午後11時15分放送)のイベントに登場。撮影時に印象に残ったエピソードを聞かれた相葉さんは「坂道で広末涼子さんをおんぶするシーンがあったのですが、撮影中に(近所の)家から奥様が出てこようとして、『あ!見てはいけないものを見てしまった』という顔をして、家に戻って行きました」と苦笑しながら語った。

 相葉さん演じる主人公の高円寺達也が、広末さん演じる泥酔した加瀬トキワをおんぶするシーン。撮影中のため演技を止めることもできず、遠くから撮影していたためスタッフも近くにおらず、その場で誤解を解くことができなかったという。目を閉じていたという広末さんは「気付かなかった。それだけ見るとびっくりしますよね」と笑い、「私は相葉さんになるべく体重をかけないように、それでいっぱいいっぱいでした。アイドルを筋肉痛にさせたら……」と答えて、出演者を笑わせていた。イベントには、趣里さん、ジャニーズWESTの小瀧望さん、イッセー尾形さんも出席した。

 ドラマは、たらさわみちさんの同名マンガが原作で、2012年からマンガ誌「月刊office YOU」(集英社)で連載を開始し、現在は続編が連載中。東京・神楽坂の動物病院「坂の上動物病院」で働く若き獣医師・高円寺達也(相葉さん)と、動物や飼い主たちとの心温まる交流を描く。

©株式会社MANTAN

Curated by

jnews1